受賞者

第48回

人命救助の功績

くすのせ まさずみ

楠瀬 昌澄

(大阪府)
さとう あきら

佐藤 旭

(大阪府)

2015年5月30日、午前6時40分頃、大阪府大東市諸福の戎大黒橋付近の寝屋川で、橋から飛び込んだ人が仰向けの状態で浮き沈みしながら下流へ流されているのを楠瀬さんと佐藤さんは目撃した。楠瀬さんは川の左岸を走り、橋から約100メートル先に設置されていた点検・作業用の鉄梯子を伝い降りて川に飛び込んだ。続いて佐藤さんも川に飛び込み、ふたりでその人を抱きかかえながら立ち泳ぎを続け、レスキュー隊の到着を待った。川は水面から6メートル以上の岸壁が垂直に立ち上がり、水質は極めて悪くヘドロが発生していて、一度飛び込むと自力で這い上がることは不可能だった。

推薦者:公益財団法人 警察協会
楠瀬 昌澄
楠瀬 昌澄
佐藤 旭
佐藤 旭

楠瀬 昌澄

5月30日の朝6時位に車で会社に行き、飼っている猫にエサをあげて家に帰る途中、橋の上で女性数人が騒いでいるのを見て、車を止めて橋の下を見ると川で女性があおむけに浮いているのを目撃しました。

川の両サイドは高い塀になっており、その塀からハシゴが下がっていたのですぐに助けようと思い、ハシゴから降り、川に飛び込みました。そのすぐ後に佐藤さんが川に飛び込みました。
飛び込んだ所から女性の浮いている場所まで距離があり、僕は途中で力尽き川の塀側で立ち泳ぎしてしまいました。

佐藤さんが女性の元まで行きつき、女性を抱えて僕の方に来ました。3人で塀側に浮いていると、上からロープが降りて来て、そのロープを持って救助が来るのを待ちました。
佐藤さんには感謝しています。

後日、その女性が助かったと聞き、本当に良かったと思いました。

この度は名誉ある賞をいただいてありがとうございました。帝国ホテルに妻と甥っ子と姪っ子と泊り、いい思い出になりました。安倍昭恵さんに妻と姪っ子が握手していただいたのも嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

佐藤 旭

この度、社会貢献者表彰という名誉な式典に招待して頂き、ありがとうございます。

当時、朝の仕事の出勤途中に橋で群がる人を見て、何かなと思い見てみると人が川に浮かんでいるのが見えて、どうにかして助けなければという強い思いがして何か浮く物を探しているうちに、楠瀬さんが川に入り、自分も後先考えず川に入りました。作業服で川に入ったため、思っている以上に泳ぎづらくやっとの事で飛び込んだ人のもとへ行き、川べりまで連れて行こうとしたのですが、服を着たままなので体力もつきかけ、一度救助するのをやめて一旦、あおむけになり休憩する形をとり、一瞬自分ももしかして死ぬのかなと 頭をよぎりましたが、死にたくない思いが強くなりもう一度救助に向かい、何とか川べりまで連れて行き、周りの人から投げてもらっていたロープにつかまり、楠瀬さんと一緒にレスキューが来るまで立ち泳ぎをして、無事に誰も死なずに助かることができました。
自分でもびっくりするくらいです(笑)。

今回こうして誰も死なずに助かったのは、周りにいた人や警察の方などの協力があっての事なので、自分が呼ばれてなにか申し訳ない気持ちになりますが、この文章で他の人も人命救助に携わっていたことが分かればと思います。

今回の事を機にもっと人に役立てる人間になっていきたいと思います。

受賞式に呼んで頂き、ありがとうございました。

  • 救助後
    救助後