トップページ > 受賞者について > 平成27年度受賞者一覧 > 公益財団法人 徳島県老人クラブ連合会

受賞者

平成27年度

社会貢献の功績

こうえきざいだんほうじん とくしまけんろうじんくらぶれんごうかい

公益財団法人 徳島県老人クラブ連合会

(徳島県)

徳島県で昭和32年に設立された老人クラブの連合会。同59年から、地域のひとり暮らしの高齢者をその地域の老人クラブ会員が定期的に訪問する「友愛訪問活動」を、「高齢者が高齢者を見守る全国初の試み」として開始し30年に及ぶ。現在では県内24市町村全てで友愛訪問活動は行われており、1,833名の友愛訪問員が5,047世帯を対象に定期的な訪問を行っている。この活動によって高齢者の安否確認はもとより、仲間の近況報告や世間話の相手になって孤独感の解消、孤立化や閉じこもりの防止にもなっており、高齢者の自殺予防にも有益な活動として継続している。

推薦者:徳島県保健福祉部長寿福祉局長寿保険課
公益財団法人 徳島県老人クラブ連合会 会長 伊丹 一夫
会長 伊丹 一夫

「地域に必要とされる老人クラブを目指して」

この度は、私たち徳島県老人クラブ連合会に対し、栄誉ある社会貢献者表彰を賜り、安倍昭恵会長はじめ関係各位に心から感謝を申し上げます。

表彰式典当日、由緒ある帝国ホテル東京を会場に、瑶子女王殿下ご臨席の下、沢山の招待客の皆様に暖かい祝福をいただきながら、安倍会長から表彰状を授与されましたことは、誠に身に余る光栄で生涯の良き記念となりました。

これもひとえに、先人の長年にわたる地道な活動を評価いただいてのことでありますので、当会の概要から紹介させていただきます。

活動風景
活動風景

当会は、昭和32年に設立され、現在は公益財団法人として運営されています。県内24市町村全てに連合会が組織されており、会員数4万人、単位老人クラブ数800を数えています。

老人クラブは、老人福祉法第13条で法的位置付けがされており、高齢者自身の生きがいと健康づくりに加え、長年培った知識や経験を生かした地域づくりを目的として日々活動しています。

我が徳島県ではまもなく3人に1人が65歳以上の高齢者という本格的な超高齢社会を迎えていることから、私たち高齢者は介護予防に努めながら健康寿命を延ばし、元気高齢者として地域社会を担う気概で活動を展開していくことが、行政をはじめ関係機関から大いに期待されているところです。

こうした活動の中で、この度の受賞理由に挙げていただいたのが、「高齢者を高齢者が見守る全国初の試み」として、昭和59年から実施している「地域のひとり暮らし高齢者をその地域の老人クラブ会員が定期的に訪問する友愛訪問活動」です。直近の数値では、友愛訪問員数1,833人、対象世帯数5,047世帯となっています。

この活動が、「高齢者の安否確認や孤独感の解消、孤立化や閉じこもりの防止」に役立っているとご評価をいただきましたが、ひとり暮らしの高齢者の話し相手をしたり、電球交換や買い物の代行など、日常生活の些細な気遣いが友愛訪問の原点だと考えます。

この度の受賞を励みとして、これまで以上に老人クラブの三大運動である「健康」「友愛」「奉仕」を推し進め、地域に必要とされる老人クラブを目指して活動を続けていきたいと思います。

どうもありがとうございました。

公益財団法人 徳島県老人クラブ連合会
会長 伊丹 一夫

  • 活動風景
    活動風景
  • 活動風景
    活動風景
  • 会員の手作り巾着袋をプレゼント
    会員の手作り巾着袋をプレゼント
  • 訪問員の活動手引きとなる友愛手帳
    訪問員の活動手引きとなる友愛手帳
  • ひとり暮らしの方を招いたサロン
    ひとり暮らしの方を招いたサロン