www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成20年度

社会貢献の功績

すが けいこ

菅 惠子

(昭 7.11.15生 76歳/秋田県)
平成5年から雨の日も雪の日も年中一日も欠かさず、1日2回朝夕2時間づつ、湯沢市前森の柳町通り、約400メートルの歩道の清掃や雪寄せのほか、公共の水飲み場と電話ボックスを掃除し、鉢花を飾るなどの活動を黙々と続けられている。

この度は、私の如き者が素晴らしい賞を頂き、身に余る光栄と存じ、帰湯した今も当日の式典を思い出し、感謝の念で一杯でございます。

皆様の、そして故人となられた方の御実績に涙致し、そして大変勉強になりました。

微力な私ですが、身体の許す限り、私なりにもう少し社会のお役に立ちたいと、夜汽車の中で過ぎゆく町の家々からの、一家団らんのあかりに、心いたしました。

犬っこ様を掃除する菅さん

菅さんは、高校の事務員を定年退職後の平成5年から、湯沢市前森の自宅前の歩道約400メートルを中心に1人で毎日2回、朝夕2時間の、清掃活動を行っている。

晴れた日も雨の日もそして雪の日も、年中1日も欠かさず、歩道の清掃や雪寄せの他、犬の石像のある公共の水飲み場(犬っ子様)や電話ボックスを掃除し、鉢花を置くなど利用者にとって公共の場が癒しの場となっている。

15年前の雪の日にあるお婆さんが「犬っ子様」に積る雪を降しているのを見て、「明日からは、私が掃除をしますから。」と始めたことがきっかけとなり、以来この「犬っ子様」の前から自宅の前までの歩道と公共の施設などの清掃活動を行っている。

犬っこ様

降雪時は融雪装置も設置されているが、歩きやすいようにと歩道をデッキブラシを使って掃除をする徹底ぶりである。またゴミの収集日には、カラスなどにゴミを荒されないように見回る他、ゴミの収集員に毎回欠さず飲み物をふるまっている。

菅さんは「さわやかな気持ちになれるからずっとやってこられた。地元の小、中学校や高校では挨拶を交わすことも教えている。生活に必要なことは地域の大人が子どもに教える習慣も残っている。子どもたちが清掃中に挨拶してくれることも励みになっている。」と黙々と活動を続けている。

(功績の概要・推薦者:秋田県湯沢市)
綺麗になった歩道
花の飾られた電話ボックス

Ms. Keiko Suga

(born 15 November, 1932 [76 years old]; Akita Prefecture)
Ms. Suga has been cleaning the streets and clearing snow in Yanagichou Kitahon dori in Maemori, Yuzawa-shi, Akita Prefecture (400 meters long), every day in the morning and in the evening without fail even for a day in the past 15 years. Rainy days and snowy days do not stop her for doing it. She also cleans public drinking water place and telephone booth, decorating with flowers.
Recommended by Yuzawa-shi, Akita Prefecture