www.fesco.or.jp
トップページ > 受賞者について > 受賞者紹介

受賞者紹介

平成13年度受賞者紹介

第一部門(緊急時の功績・日本財団賞)6件
海難・水難、交通事故、遭難等に際し、身命の危険を冒して救助・救援に尽くされた功績
犯罪等の発生に際し、身命の危険を冒してその解決に協力された功績
船川丸乗組員 41名/代表 川村 清明船長 秋田県立海洋技術高校 所属
功 績 内 容

2001年2月19日、秋田県立海洋技術高校の漁業実習船・船川丸(川村 清明船長)は、ハワイ島の南西沖約480キロを漂流していた米国の外洋ヨット・グッドナイトムーン(約13m)の救出に向かい、悪天候の中、乗っていたアメリカ人男性4人を無事救出した。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)

大飯町防犯隊 70名/代表 濱田 康夫隊長 福井県大飯郡大飯町
功 績 内 容

平成11年3月6日午前6時10分頃、福井県大飯郡大飯町の大島漁港に韓国籍の木造船が接岸、中国人の集団密航事件が発生した。県警による緊急配備が敷かれ、現場に急行した大飯町防犯隊は警察と協力して、逃走した密航者の身柄確保に尽力、昼夜の捜索を行い、8日に65名全員の逮捕となった。>>詳細
(推薦者 大飯町)

故.浅井 乙一 (昭2. 2.25生) 新潟県北魚沼郡入広瀬村
功 績 内 容

平成12年6月18日午前8時25分頃、新潟県北魚沼郡浅草岳において民間人として山岳捜査活動中に雪崩が発生した。事故の危険を顧みず他の捜査隊員に対して雪崩の発生を告げて待避させようとしたが、自分自身も雪崩に直撃され亡くなられた。>>詳細
(推薦者 (財)警察協会)

故.川原 浩志 (昭48. 8.29生) 広島県広島市
功 績 内 容

平成12年12月2日午前零時50分頃、広島県広島市西区でマンションに帰宅した女性が家に入ろうとしたところ、刃物を持った男性に襲われバッグを奪われた。助けを求める声を聞いた川原さんは現場にかけつけて犯人を追跡し取り押さえようとしたが、逃れようとした犯人に凶器で刺され亡くなられた。>>詳細
(推薦者 (財)警察協会)

故.佐々木 忠夫 (昭18.10.26生) 福井県吉田郡永平寺町
功 績 内 容

平成12年12月17日、福井県の京福電鉄でブレーキ故障のため電車同士が正面衝突し、1人が死亡、25人がけがをした。佐々木 忠夫運転士は、暴走する列車を止めるために自らの安全をはかることなく衝突時まで非常用ブレーキをかけ続け、殉職された。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)

山口 広史 (昭57. 8. 4生) 神奈川県小田原市
功 績 内 容

平成13年1月29日朝、JR東海道線鴨宮駅で通学途上の高校生が貧血のため意識を失い線路に転落した。電車進入を告げるアナウンスの中、同級生の山口さんは線路に下り、間一髪友人を救助した。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)


第二部門(多年にわたる功労・日本財団賞)11件
精神的・肉体的に著しく労苦の多い活動や業務に多年にわたり従事し、他に尽くされた功績
著しく危険性の高い活動や業務に多年にわたり従事し、他に尽くされた功績
不潔、非衛生等、劣悪な状況・環境に耐え、多年にわたり他に尽くされた功績
その他、困難な状況の中で多年にわたり努力し、社会と人間の安寧・幸福のために尽くされた功績
武田 紀 (大14. 3. 1生) 高知県高知市
功 績 内 容

平成元年に開設された民間シェルター「青涛の家」の代表者として365日昼夜を問わず、ドメスティックバイオレンス(DV)で心身共に傷ついた女性を無条件に受け入れ身辺の世話などを行っている。安全を第一に考えて、公的な支援には頼らない。また、講師としてDVの被害に遭った女性たちの思いを社会へ向け発信し理解を求めている。>>詳細
(推薦者 又川 晃世)

川島 恭子 (昭 2.12.25生) 東京都東村山市
功 績 内 容

廃車車両を利用した電車図書館を開設し、子供のための図書館活動をボランティアで34年間続け、地域コミュニティの場を確立、青少年の健全育成と地域社会の交流促進に貢献した。>>詳細
(推薦者 東村山市)

中村 忠夫 (昭14.11.19生) 千葉県流山市
功 績 内 容

郵便局長として勤務する傍ら、多年にわたり留学生の日本滞在中の保証人を務め、現在では留学生の相談窓口としてアパート探しや一時宿に自宅を提供するなど留学生の生活支援活動に尽力、国際交流の推進に貢献されている。>>詳細
(推薦者 (財)逓信協会)

岡田 智・好夫 (昭18.11.20/昭14. 5.28生) 高知県高知市
功 績 内 容

高知市において、家庭や学校、社会に適応しなくなった少年少女を、里親として家庭に引き取り、更生に取り組むなど、幅広い社会福祉活動を行っている。これまでに夫妻が関わってきた子どもは数百名、世話をした子どもは百名近くにおよび、地道な熱意のある取り組みにより多くの少年少女を自立させている。>>詳細
(推薦者 (財)全国里親会)

田内 基 (昭17.10. 8生) 大阪府堺市
功 績 内 容

在日韓国・朝鮮の身寄りのない独居老人の孤独死を防ぐため、平成元年、大阪府堺市に老人ホーム「故郷の家」を建設。その後もデイケアセンターや韓・日のお年寄りが共に暮らす「故郷の家・神戸」を設置するなど、在日韓国・朝鮮の老人の福祉向上及び国際交流に貢献されている。>>詳細
(推薦者 有田 典代)

盛山 シズ子 (昭15.10.25生) 沖縄県那覇市
功 績 内 容

沖縄県那覇市において多年にわたり沖縄のユイマールの心(お互い助け合う心)の下、ハンセン病患者施設、結核療養所、老人ホームでの理容奉仕活動に尽力し、地域の高齢者福祉の向上に貢献された。>>詳細
(推薦者 友寄 直儀/神谷 幸枝)

佐伯 輝子 (昭 4. 4.21生) 神奈川県横浜市
功 績 内 容

横浜市中区の寿町勤労者福祉協会診療所の所長を引き受け、以来22年、日雇労働を主とする住民たちの治療・健康管理を行い、地域医療福祉の向上に貢献されている。「女赤ひげ先生」と呼ばれ、地域住民の信頼は篤い。>>詳細
(推薦者 (社)神奈川県医師会)

布村 健一 (昭30. 5.14生) 東京都武蔵野市
功 績 内 容

平成7年にNGO医療チームの医師としてフィリピンでの医療活動に参加して以来、日本での病院勤務の傍ら休暇を捻出しながら参加を続け、不足している医療器具を届けるなど国際医療活動に貢献されている。>>詳細
(推薦者 打木 満喜子)

弘中 数實 (大 9. 4. 2生) 山口県熊毛郡熊毛町
功 績 内 容

特別天然記念物ナベヅルの本州唯一の渡来地である山口県熊毛郡熊毛町において農業の傍ら昭和24年よりナベヅルの保護活動を開始、詳細な記録の作成や野鶴監視所の設置などに尽力し、特別天然記念物の保護行政を進める上での生き字引として活躍されている。>>詳細
(推薦者 山口県教育委員会)

遠山 正瑛 (明39.12.14生) 鳥取県鳥取市
功 績 内 容

1991年から黄河の上流地区である中国内蒙古自治区恩格貝で砂漠の緑化を進め、ボランティアなどの協力を得ながら280万本以上のポプラを植えた。広がった森林には動物たちが戻り、湖まで生まれた。地球環境の保全に大きな役割を果たす一方、日中友好にも大きく貢献している。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)

野口 健 (昭48. 8.21生) 東京都千代田区
功 績 内 容

25歳で世界最年少七大陸最高峰登頂記録(当時)を達成した後、次なる目標を世界最高峰チョモランマ(エベレストのチベット名)の清掃活動と定め、清掃登山隊を組織して、平成12年に1.5t、13年に1.6tのごみを回収し、さらに富士山の清掃を行うするなど、山岳の環境復元と保護に取り組んでいる。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)



第三部門(特定分野の功績)計7件
海の安全確保、環境保護、汚染防止等につくされた功績
(海の貢献賞)2件
畠山 重篤 (昭18.10. 7生) 宮城県本吉郡唐桑町
功 績 内 容

気仙沼湾に面する宮城県唐桑町でカキ養殖業を営みながら、平成元年から漁民仲間と落葉広葉樹を植える「森は海の恋人」運動を始め、全国に影響を与えた。子どもたちに養殖現場での体験学習を指導するなど、森と川と海の関連を教え、環境に対する理解を養殖業の立場から訴え続けている。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)


石井 謙治 (大 6. 5.29生) 東京都世田谷区
功 績 内 容

日本における和船研究の乏しさを憂い昭和30年より和船研究を始め、日本海事史学会や多くの博物館の設立に参画、その運営に尽力すると共に、研究論文を次々と発表し、現在では和船研究の第一人者として後進の指導にも精力を傾けている。>>詳細
(推薦者 神山 榮一)

「日本(人)が関係する事柄で、
社会と人々の安寧と幸福のために尽くされた外国籍の方の功績」
(国際協力賞)2件
エド ハインリック サンチェス (1962. 8.23生)沖縄県
ケニー イーマン (1965.12.24生)沖縄県
多和田 栄作 (昭44. 8. 3生)沖縄県
功 績 内 容

平成3年より沖縄県において定期的に海浜清掃を実施、海洋ゴミのデータを分析・公表し国内外の環境保護団体とのネットワーク作りにも努め、次世代を担う子供たちへの環境教育にも尽力するなど、沖縄の海の環境保護に貢献されている。>>詳細
(推薦者 沖縄県)


ワソノ (1930. 7.25生) インドネシア
功 績 内 容

多年にわたり造船技術者としてアジア地域の造船業の発展に寄与する傍ら、昭和32年以来ボランティアで日本からの民間交流ミッションの受け入れ、インドネシア学生の日本での研修斡旋に奔走するなど、日本とインドネシア両国間の民間交流促進に貢献されている。>>詳細
(推薦者 (社)日本中小型造船工業会)

 
「自ら積極的に社会や他人のために尽くしている若者の功績」
(21世紀若者賞) 2件
産山村子どもヘルパー (代表 辻井 芙希/井 梢) 熊本県阿蘇郡産山村
功 績 内 容

熊本県阿蘇郡産山村において、小学校高学年児童全員により結成され、学校のゆとりの時間を利用して老人宅を訪問し窓拭きや話し相手になるなどの交流を深め、お年寄りの積極的な外出を促すなど、地域交流と高齢者福祉に貢献している。>>詳細
(推薦者 産山村)

萩原 麗子 (昭52. 9.27生) 京都府京都市
功 績 内 容

京都市において平成11年より町家倶楽部ネットワークに参加し、西陣地区で使われていない町家と、町家で夢を叶えたいという若者との仲介活動を行い、人々の交流を促すなど、文化の保存と地域の活性化とに貢献されている。>>詳細
(推薦者 新野 豊)

横田 宗 (昭51. 3.20生) 東京都武蔵野市
功 績 内 容

高校生の時に火山噴火で壊れたフィリピンの孤児院を訪れて修復を決意、大学入学後にボランティアグループACTIONを設立。呼びかけを行って支援のためのワークキャンプを開催し、修復のほか設備の更新を実現した。その後も多岐にわたる国際的なボランティア活動を続けている。>>詳細
(推薦者 社会貢献支援財団 事務局)